子宮頸がん予防の世界での取り組みは?
世界のHPVワクチン接種状況
世界では、政府がHPVワクチンの接種を推奨しているところも多く、接種率が70%を超える国もあります。

世界各国のHPVワクチン接種対象女子のワクチン接種率は高い水準となっています。

各国のワクチン接種プログラム対象女子の接種率

学校での接種を積極的に行っている国など、その取り組みは国によってさまざまです。

対象年齢も国によって異なっています。

オーストラリアでは、HPVワクチン接種率が70%を超えています。1)

1)Machalek DA et al. J Infect Dis. 2018; 217(10): 1590-1600.

日本のHPVワクチン接種率は世界各国と比べて低い水準となっていることがわかります。

次に、子宮頸がん検診の受診状況についてもみてみましょう。
世界の検診受診状況
世界の先進国では、子宮頸がん予防への意識が高く、アメリカやイギリスでは約80%の女性が定期的に検診を受けています。

今や先進国では子宮頸がん検診を受けることは、多くの女性に"必要な検診"と捉えられています。

世界各国の子宮頸がん検診受診率

[OECD加盟国における20~69歳の女性 2015年]

検診の対象年齢や受診の間隔、検査の方法など、その取り組みは国によってさまざまです。

日本の検診受診率は世界各国と比べて低い水準となっています。 子宮頸がんの予防には、検診がとても大切です。

子宮頸がんとその予防について疑問や不安はありませんか?続いては、そんな疑問や不安に会話形式でわかりやすくお答えしていきます。

子宮頸がんの予防に関するQ&A

近くの病院をさがす

こちらもみてみよう【公式】関連情報サイト

【公式】厚生労働省