TOP > 子宮頸がんの予防に関するQ&A > Q5. 初交後に、HPVワクチンを接種してもムダなの?
Close Mobile Navigation
不安や疑問にお答えします 子宮頸がんの予防に関するQ&A

HPVワクチンのこと

ムダ、というわけではありません。

子宮頸がんは性交渉によるHPV感染が原因で起こるということから、「性交性交渉の経験があっても、まだワクチンで守れるHPV型に感染していなければ、予防の効果が期待できます。


た、ワクチンで守れるHPV型の一部に感染していたとしても、感染していない他の型に対しては予防の効果が期待できます。


じゃ、意味がないわけじゃないんですね。


そうです。でも、もうすでに感染しているHPVを除いたり、がんを治療したりする効果はありませんので、覚えておいてくださいね。


自分がどの型のHPVに感染するかなんて、わかりませんもんね!だから、感染前にHPVワクチンで予防することが大切なんですね。


そのとおりです。HPVワクチンについては、ぜひ、このサイト内の<HPVワクチンって?>もみてくださいね。参考になると思います。


すでに性交渉の経験があっても、HPVワクチンの接種がまったくムダというわけではなく、接種する意味はあるんですね!HPVワクチンを接種するにはどうすればいいか、もう少し調べてみることにします。



サイトマップ | 個人情報の取扱い | ご利用条件 | お問い合わせ | アクセシビリティ

Copyright ©2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.