TOP > 子宮頸がんの予防に関するQ&A > Q4. HPVワクチンを接種すれば、絶対に子宮頸がんにはならないの?
Close Mobile Navigation

HPVワクチンのこと

100%予防できるわけではありません。

じつは、HPVワクチンを接種したからといって子宮頸がんになることを100%予防できるわけではないんです。


え、そうなの?


HPVワクチンは、子宮頸がんの原因となるリスクが高い約15種類のHPVの型のうち、もっとも原因になりやすいHPV16型、18型に対して免疫をつくり、予防するんです。


じゃあ、それ以外のHPVの型には…?


そうです。HPVワクチンで守れない型のHPVには感染してしまうかもしれませんし、それが原因となってがんになってしまうことも考えられます。


でも、子宮頸がんになりやすいHPVの型からは守れる、ってことですよね?


そうですね。ただ、すでにHPV16型、18型に感染していると、HPVワクチンを接種しても予防や治療の効果はありません。


じゃあ、HPVワクチンだけでは予防できないってこと?


子宮頸がんを予防するためには、性交渉を開始する前のHPVワクチン接種と、子宮頸がん検診がとても大切なんです。


検診も大切なんですね。知りませんでした…。


子宮頸がんを予防するためには、どちらか1つでは十分ではないんですよ。HPVワクチン接種と子宮頸がん検診。この2つがとても大切ということをぜひ、覚えていてくださいね。


わかりました!



サイトマップ | 個人情報の取扱い | ご利用条件 | お問い合わせ | アクセシビリティ

Copyright ©2022 Merck & Co., Inc., Rahway, NJ, USA and its affiliates. All rights reserved.