TOP > With Me > きりまるが経験した子宮頸がん ”今”伝えたいこと
Close Mobile Navigation

きりまるが経験した子宮頸がん ”今”伝えたいこと

ELLEgirl

動画の概要



SNSで大人気のファッション系クリエイターのきりまるさんは、ご自身のYouTubeチャンネルで子宮頸がんになる手前の「前がん病変」が見つかり、手術をされたことを発信し、大きな話題となりました。

対談 | きりまるさん/インフルエンサー×三輪綾子先生/産婦人科医

まったく自覚症状がない中で子宮頸がん検診を受けた経緯や、その後の反響について触れながら、産婦人科医の三輪綾子先生に子宮頸がんの初期症状、病気の治療などについてお聞きします。

生理不順や不正出血など、子宮頸がんの初期症状と見分けがつきにくいからこそ、検診の必要性があると語るきりまるさん。気になる検診の内容や、費用についても触れています。

また、将来、妊娠し子どもを持ちたい女性たちに向けて、きりまるさん自身が感じたことや不安に思ったことなども語っていただきました。


この動画を「記事」で読む >

このページをシェアする

三輪綾子先生 | 産婦人科専門医 THIRD CLINIC GINZA 院長

忙しいからって体のことを後回しにしないで!自分を守るために、予防のための正しい選択を

監修 三輪 綾子先生
産婦人科専門医
THIRD CLINIC GINZA 院長

産婦人科専門医として、20代、30代という若い年代で子宮頸がんに罹患した患者さんを数多く診てきました。でも今は、ワクチンと検診の両方で、子宮頸がんは予防が可能ながんになっています。

決して自分は大丈夫、関係ないと思わないでほしい。忙しいからって体のことを後回しにしないでほしい。自分を守るために、そして予防のための正しい選択をできるように、正しい知識を身につけ、”自分で自分の体を守る”という意識を持つことが大切です。

ワクチンや検診に関して、また子宮頸がんという病気について不安や疑問があるときには、病気の専門家である医師(かかりつけ医、婦人科・産婦人科医、小児科医等)に気軽に相談をしてみてくださいね。