TOP > With Me > みちょぱと学ぶ! 20-30代でもかかる子宮頸がんの予防と女性の健康
Close Mobile Navigation

みちょぱと学ぶ! 20-30代でもかかる子宮頸がんの予防と女性の健康

ELLEgirl

動画の概要



モデル、タレントとして、バラエティ番組や情報番組などでも大活躍の“みちょぱ”こと池田美優さんが「女性のからだ」と「女性の健康」について、産婦人科医の三輪綾子先生と一緒に考えます。

対談 | みちょぱさん/モデル・タレント×三輪綾子先生/産婦人科医

女性が注意したい3つの病気「生理痛などの月経関連の病気」「甲状腺の病気」「子宮頸がん」。中でも「マザーキラー」と呼ばれる子宮頸がんは、性交渉経験のある女性なら誰もがかかる可能性のある病気です。

セックスでうつるならコンドームをすれば防げるの?感染から子宮頸がんに至る過程や、予防する方法について詳しく聞いていきます。また、ハードルが高く感じてしまう「婦人科の選び方」や、「性と生殖に関する健康と権利」についても語り合います。


この動画を「記事」で読む >

このページをシェアする

三輪綾子先生 | 産婦人科専門医 THIRD CLINIC GINZA 院長

忙しいからって体のことを後回しにしないで!自分を守るために、予防のための正しい選択を

監修 三輪 綾子先生
産婦人科専門医
THIRD CLINIC GINZA 院長

産婦人科専門医として、20代、30代という若い年代で子宮頸がんに罹患した患者さんを数多く診てきました。でも今は、ワクチンと検診の両方で、子宮頸がんは予防が可能ながんになっています。

決して自分は大丈夫、関係ないと思わないでほしい。忙しいからって体のことを後回しにしないでほしい。自分を守るために、そして予防のための正しい選択をできるように、正しい知識を身につけ、”自分で自分の体を守る”という意識を持つことが大切です。

ワクチンや検診に関して、また子宮頸がんという病気について不安や疑問があるときには、病気の専門家である医師(かかりつけ医、婦人科・産婦人科医、小児科医等)に気軽に相談をしてみてくださいね。